TOP
32.88score

tax9.

成人お祝いのバラの話。じわーっとしみました。「すごくいいね」の代わりにリブログを。

Facebookの いいねボタン を押したのですが、
それでも足りない気がして、カタリツグボタン も
押させていただきます。

いいなあ。
そんなご夫婦が、うらやましいです。

成人祝いのバラ

今から約22年前、愛知県出身の私が静岡県で働いていた19歳の時、沖縄から出稼ぎに来ていた子と付き合うことになった。

奥手だった私が初めてまともに付き合い、その後 彼女になった ♪

しかし、しばらくしていろんな事情があり半ば別れてしまう形で沖縄に帰省してしまった彼女…。

そんな彼女から、成人の日を迎える数日前にバラの花束が送られて来た!

青二才の当時の私は、このバラを「 永遠に保存しなくてはダメだ! 」と思い込み、知り合いからドライフラワーの作り方を教えてもらい、自己流で試みるが大失敗に終わり、バラを見事に全滅させてしまった…。

まだ、インターネットなど全く普及していない時代だったので、今思うとちゃんと本屋で専門書を購入してやれば良かったと後悔しているが、後の祭りだった。

その後、彼女はまた私のもとに来て付き合いが再開するんですが、結局2~3回はくっついたり離れたりしたあげく、同棲などを経て結婚した。

つまり、その彼女は『 今の奥さん 』だぁ!

いい歳になった今でも、店先で真っ赤なバラを見た時は、そのこと(その時の思い)を想い出す。

彼女(いや、奥さん)も、真っ赤なバラを見たらそんなこと考えているのかなぁ~と時々思うが、当人にはそんなことは聞けない…。

あと数年で迎える銀婚式(25年目)には、私から真っ赤なバラ束を送り、こんな自分と連れ添ってくれたことを感謝しながら昔話の花を咲かせたいものだぁ。

ここに画像が表示されない場合はすでに削除されているか直接のリンクを拒否されている可能性があります

by にしかっちゃん 2014-04-10 01:27

.

最終更新日:2014-04-10 15:56

コメント (0)